以前紹介したデスクトップアーミーの轟雷と、モビルスーツアンサンブルのザクⅡをミックス、改造(ミキシング?)してMS少女を作ります。

スタイリッシュになりそうなので連邦のMSにしたかったのですが、ジム以外ダブっていないのと、轟雷の元の色的に緑、青、黒などの色のMSの方が合わせやすいと考えザクになりました。

コンセプトは3つ。

・手間はかけない。簡単な改造のみにする。

・それぞれの武装を付ける穴はなるだけ残す。

・轟雷は元の状態に戻せるようにしたいので、なるべく轟雷への接着は避ける。

 

元のフィギュアはこれ。

思ったよりザクの方が小さいです。このザクのパーツを轟雷に着せるようなイメージで作ります。

 

下半身(足、腰)

足を分解するとそれぞれこんな感じ。ザクの方が短足。

あれ?もしかしてそのまま轟雷の太ももをザクのスネ部分に入れられるのでは?

予想通り、キレイに合体させることができました。ただ、ザクの足首の穴が埋まってしまうので、泣く泣く轟雷の関節の先端を少し切り取りました。また、若干ユルいので、瞬間接着剤をザクの足側の穴に軽く塗ってキツくしています。

足のパイプのパーツも一部を切ることで干渉せずに取り付けられます。

 

次に腰。ザクのスカートを上からはかせる感じで。パンツが見えてるのはよろしくないですしね。

ザクのスカートの内側を削り、腰回りに穴をあけてはかせました。写真だと粗い加工が目立つなあ。轟雷の背中の穴は活用できるように露出させています。パンツは隠せませんでした。

下半身を合体。パンツが見えていること以外は問題なし。

 

上半身(腕、胸、背中)

腕をバラすとこんな感じ。腕の長さはほぼ同じ?

肩の加工がめんどくさそうなので、腕はザクのものをそのまま使います。轟雷に接続するために肩の関節だけ作ります。使うのは、轟雷に付属の可動域を変えるための関節パーツ。使わないので加工します。

写真上中央のパーツを右上のように加工して、ザクの肩に入れます。可動範囲を確保するために右下の写真のようにボール部分と肩の間を少し開けます。肌色のパーツとザクの肩は接着しています。

ここまで組むとこんな感じ。

一抹の不安がよぎる。

胸のパーツ。ここが一番加工が必要でした。粗いですが、以下の写真のように加工します。

白いものはプラの2㎜角棒を少し削ったもの。これを胸パーツに接着して、轟雷に付けるための軸にします。

ランドセルも同じ。こちらは2㎜角棒ではなく、先ほどの肌色のパーツのランナーを削って使っています。

胸と背中はこんな感じで付きます。腹のパイプの接続ははランドセル部のみ。かなり不安定。

全部組んだところ。微調整はしていますが、一応これで完成!まあまあいい感じ。頭は轟雷の頭に対してザクが小さすぎたのでとりあえず省略。また改造した時に追記します。いつになるやら。

元の轟雷、ザク轟雷、ザクを並べました。

元の轟雷に比べてザク轟雷は足が短いですが、単品で見る分にはそこまで違和感ないと思います。

 

 

ポージング・武装

武器を持たせたり動かしたりして遊びます。

ザクマシガン!

肩の可動はボールジョイントなのでMSアンサンブルより広いかも。

 

ザクバズーカ!

立て膝もなんとなくですができます。

 

かわいい感じで。

かわいい。

 

ハイキック。

足の裏が大きいのでバランスがとりやすい。

 

浮かせて。

デスクトップアーミーのスタンドも使えます。

 

武装もりもり。

MSアンサンブルの武器もデスクトップアーミーの武器も使えます。

背中。

せっかく残したのにザクのバックパックの穴使うの忘れてた。

 

制作時間は、集中してやれば1時間くらいかと。値段はMSアンサンブル500円+デスクトップアーミー1500円で合計2000円。安くはない。中古ならロボット魂とかfigmaがギリギリ買えちゃうかも。

改造するのはとても楽しかったです。他の種類のガンダムのフィギュアとも合体させたいですね。コンバージとか。

 

twitteryoutube1youtube2ニコニコ動画pixiv、やってます!