最近出た300円のガシャポン。可動も造形もすごい!

一個一個の写真とかはネット上にいっぱいあると思うので気になったポイントを書きます。

ちなみに6種類中4種類しか持っていません。

 

全パーツ

どれもすごい数です。カプセルにぎっしりつまっているので武器やらツノやらは曲がっています。

 

・F001Hi-νガンダム

 

・F003ガンダムバルバトスルプス

 

・F005ギラ・ドーガ(レズン機)

 

・F006武者頑駄無摩亜屈

 

平手!

まず驚いたのが付属の手パーツ。

武器の握り手以外に、なんと平手がついてきます。

↑こんな感じでランナーについた状態で入っています。

さらに、どうやらこの手のパーツの形が全種類違うっぽい。


上から順にハイニュー、バルバトス、ギラドーガ、マーク2。バルバトスは色まで塗ってある。

特徴のあるバルバトス以外は同じ手首でも文句は出なかったと思うのですが、細かいところにこだわっています。

 

顔の分割

ガンダムは、ツノはもちろん、フェイス部分が別パーツ、さらに目と鼻?の部分が分かれています。さらに目はクリアパーツ。

 

また、ギラドーガも、目の部分が別パーツでモノアイに表情をつけることができます。

 

腕の可動

上半身の分割はこんな感じ。

肩はボールジョイント。前後、上下に大きくはありませんが動きます。手首も回すことができます。

 

↓肩のボールジョイントは最初はかなり固いので入れるのに苦労しました。

↓体と肩の間にジョイントパーツを入れて、体と肩を持ってギュッと入れると入れやすかったです。

 

↓ヒジは90度まではいかないまでも75度くらいまでは曲がります。

 

↓肩を前に出してヒジを曲げることで刀を両手持ちっぽくすることも可能。

 

下半身の分割

足の根本がボールジョイント。

足首は動きませんが、十分表情を付けられます。

↓足を前にぐっと出すとお座りさせることができます。かわいい。

 

台座

↓付属の台座を使えば浮かせて飾ることもできます。

台座の根本は固定されており動きません。

 

アンダーゲート?

ランナーについているパーツが一部ありますが、アンダーゲートっぽくなっており、ゲート跡(パーツとランナーの間の切り口)が目立たなくなっています。

 

曲がっているパーツを修正

カプセルにギッシリとパーツが詰まっているせいで細長いものや薄いものが曲がっています。

このままでは格好がつかないので、お湯で柔らかくしてまっすぐにします。

パーツをお湯につけると急に柔らかくなります。柔らかくなったところを指で形を整えてそのまま冷ますか水をかけて固定することでまっすぐになります。

↑まだちょっと曲がっているものもありますが、マシにはなりました。

 

gif動画

この可動っぷりを活かしてストップモーションで動かしたgif動画を作りました。

twitterにアップしたものより画質がいいです。

というか、twitterにgif動画をアップすると汚くなるのはなぜ?

 

twitteryoutube1youtube2ニコニコ動画pixiv、やってます!