お盆休みに数日間実家に帰ります。その間のパッションフルーツの水やりを考えなくてはいけません。

使っているプランターが底に水をためることができるものなので何もしなくても多少は持つかもしれませんが、不安なので自動で少しずつ水を供給できるものを作ろうと思います。特に知見はないので、試行錯誤しながらやってみます。

プラン①:ペットボトル

ペットボトルを使います。

IMGP1338

上の写真は2Lですが、以下は500mlのものです。

ペットボトルに穴をあけます。穴をあける場所は下の写真の赤丸の位置。2本用意してそれぞれサイドに3か所と底面に4か所穴をあけました。穴はピンバイスであけています。

IMGP1350

IMGP1352 - コピー

これらに水を入れて、キャップをして、穴が土に接触するような向きで土の上に置きます。

IMGP1343

これで土と接触している穴から毛細管現象で土に少しずつ水がしみていくはず・・・と思っていたのですが、結果は失敗。思った以上に水の出が早く、最後までやってませんがおそらく30分も経たないうちに全部なくなっていたでしょう。

 

プラン②:ペットボトル+ひも

ペットボトルの穴に太めのひもをつっこんで水の出ていく量を調節しようという考えです。

ひもは百円ショップで売っていたものを使用。

IMGP1339

この少し太めのひもをピンセットで無理やり小さな穴にねじ込みます。

先ほどの、底に4か所穴をあけたペットボトルにひもをねじ込んだものが以下のものです。

IMGP1353

IMGP1357

ひもにはあらかじめ水をしみこませていますその方が効果がわかりやすそうだったので。

これを先ほどと同様土の上に置きます。

IMGP1359

結果は成功。水の出、というか泡が出るスピードがかなり遅くなっており、これなら1日くらいはもつと思います。長期間の試験をしていないので何とも言えませんが。

これを応用して何種類か同様のものを作って土の上に置いて実家に帰ろうと思います。

んで作ったのがこちら。

IMGP1362

・上段:500mlボトルのサイドに穴3つ+ひも

・下段:2Lボトルの底面に穴1つ、2つ、大1つ+ひも

これらと先ほどの1本をひもが土につくようにして土の上に並べて、2時間後に水の減り具合をチェックしました。

左の写真が置いた直後、右が2時間後です。

・2Lボトル+穴1つ+ひも:水量ほぼ変わらず。水が出てるのか出てないのか不明。

IMGP1377

・2Lボトル+穴2つ+ひも:水量5~10%ほど減少。満タンから20~40時間もつ計算。

IMGP1378

・2Lボトル+穴(大)1つ+ひも:水量ほぼ変わらず。

IMGP1384

・500mlボトル+穴3つ+ひも:水量ほぼ変わらず。

IMGP1380

・500mlボトル+穴4つ+ひも:水量ほぼ変わらず。さっきはすぐに減っていたのに・・・。

IMGP1385

 

結論:よく分からないので、家を出る直前に水をたっぷりあげて、ペットボトルも全部置いて実家に帰ります。

帰ってきて枯れていたらショックですが・・・どうなることやら。

 

twitteryoutube1youtube2ニコニコ動画pixiv、やってます!