少し遠いところにある公園に桜を見に行きました。その道中で見つけた虫の写真を紹介。

かなり暖かくなったので、越冬していた虫たちがどんどん出てきています。シーズンの始まりです。

 

・アオオサムシ

オサムシといえば、手塚治虫のペンネームの元になった虫です。

今までは真っ黒のヤツしか見たことがありませんでしたが、コイツはきれいな緑色?の金属光沢を放っていました。

160409_6

2匹いましたが、1匹はつぶれて死んでいました。死んでた方はお持ち帰り。がっつりツブれてますが、甲殻の金属光沢は観察できます。

160409_14

アップ。オサムシ特有の模様。

160409_16

 

・カシルリオトシブミ

知らない間に服についていました。小さい。コイツも青と黄色?の金属光沢がキレイ。太ももが太い。

160409_9

 

・オオトビサシガメ

肉食のカメムシ。変にちょっかいを出すと人間も刺す・・・かも。

160409_8

 

・アメンボ

こっちも肉食のカメムシ。アメンボはカメムシの仲間なのです。

写真を撮影した時は気が付かなかったけど、よく見ると水面に落ちた虫を捕食しています。食われているのはなんでしょう?脱皮したてのカゲロウ?

160409_12

 

桜もいいけど虫もいいよね!